2014年07月30日

【美少女】佐世保女子高生撲殺の加害女子画像遂に公開!NEVADAを超える美少女殺人鬼とネットで話題へ





長崎県佐世保市内の県立高校に通っていた松尾愛和(あいわ)さん(15)が同級生の女子生徒(同)に殺害された事件では、

松尾さんも加害者の生徒も同じ中学校・高校に通っており、

その学校は地域では有数の進学校だ。



松尾さんも加害者も、父親は国家資格が必要ないわゆる「士業」を市内で営む同業者だ。特に加害者親子はスポーツの分野でも有名で、

著名な大会にも親子そろって出場するほど。加害者は裕福で、恵まれた環境に育ったように見えるが、

どうして凶行に走ってしまったのか。

http://www.j-cast.com/2014/07/28211592.html



NEVADAを超えた!とネットで話題の加害者



続きを読む
posted by 波多野辰也 at 07:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校の「古文、漢文」って必要ないよな? 社会に出てからまったく使う機会がないんだが





京都)源氏物語「総選挙」 宇治で人気上位人物ら紹介



宇治市源氏物語ミュージアム(宇治市宇治東内)で9月28日まで、企画展「源氏物語のヒーロー・ヒロインたち」が開かれている。

源氏物語の登場人物は500人近い。とかく光源氏に注目が集まりがちだが、ほかの人物にも焦点をあて、エピソードや心の動き

などに共感してもらおうというねらいだ。



 紹介するのは、昨年の企画展での登場人物の人気投票上位20人に、来館者の関心が高かったと思われる5人を加えた計25人

。同館が所蔵する「源氏絵鑑帖(えかがみちょう)」の実物と、そのページを約90センチ四方に引きのばしたパネルなどを展示する。

小中学生にもわかりやすい記述にし、パネルを掲げる高さも通常より15センチほど低くしている。



 今年も人気投票を実施するほか、「光源氏の正妻である女三の宮を好きになってしまったのは?」などの問題を集めたワークシー

トも置かれる。学芸員の大塚朋世さんは「『鬼嫁』や『ツンデレ』のような側面があるなど、現代人にも共感しやすいところが多い」と話す。





http://www.asahi.com/articles/ASG734H5JG73PLZB00L.html


続きを読む
posted by 波多野辰也 at 06:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舛添要一知事「トンキンは90%の人が韓国が大好きです」と韓国の朴に伝えていたw





東京都の舛添要一知事による韓国訪問に、都民らから批判が殺到している。

都庁に約1000件のメールが届いたが、大半が反対意見だというのだ。

高飛車な朴槿恵(パク・クネ)大統領に一方的な歴史認識を披露させたうえ、

ソウル大学で「90%以上の都民は韓国が好き」といった不可解な講演をしたことも影響しているのか。



「注目された25日の朴−舛添会談。その姿勢や態度から、舛添氏は卑屈に見えた。

朴氏が背筋を伸ばして右手を差し出すと、舛添氏は背中を丸めて笑顔で握手した。



朴氏が「慰安婦問題は普遍的な人権問題」「一部の政治家の言動で、両国関係は難しくなっている」

などと自分勝手に語っても、舛添氏はうなずきながら聞き入っていた。





聯合ニュースによると、舛添氏は、在日韓国人らに対する「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)に厳しく対応していく考えを強調するなかで、

「90%以上の東京都民は韓国が好きなのに、一部がヘイトスピーチをして全体を悪くしている」などと語ったというのだ。

ヘイトスピーチは問題だが、それが(日韓関係)全体を悪くしたといえるのか。

そもそも、読売新聞社と韓国日報社が今年5月に行った共同世論調査では、日本側の73%が「韓国を信頼できない」と答えている。



舛添氏が語った「90%以上の都民〜」の根拠ははっきりしない。





http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140726/frn1407261528003-n1.htm







都民の声総合窓口より意見を書きましょう!

http://www.metro.tokyo.jp/POLICY/TOMIN/iken.htm



売国だらけだなこの国。


続きを読む
posted by 波多野辰也 at 05:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

【大喜利】「脱法ドラッグ⇒危険ドラッグ」センス悪さにネット民激怒!お前らどう名付る?まずは俺から





7月22日、警察庁は、厚生労働省とともに“脱法ドラッグ”の新しい呼称を一般募集した結果、「危険ドラッグ」を選定したと発表した。

この新呼称について、ツイッター上には、“危険性の高い薬物であること”を訴えるために募集したわりには、「ひねりもないしインパクトも弱い」「歴史に残るネーミング失敗臭が漂う」など、厳しい声が殺到。

有吉弘行は「危険ドラッグなんていう名前より、殺虫剤入りのお薬とかの方がいいけどなぁ。。。」とコメントするなど、独自に新呼称を考える人も続出するほか、「小林製薬に考えてもらった方が良かった」という意見を述べる人も多数。

小林製薬は、トイレの瞬間消臭スプレー「トイレその後に」、熱を冷却する「熱さまシート」、泡で傷口を洗浄・消毒する「キズアワワ」など、

製品のコンセプトがわかりやすい秀逸なネーミングで知られるが、ツイッター上では、

「小林製薬が脱法ドラッグの名前なんかつけたら『使用者コロリ』みたいな分かり易すぎる名前になりそう」

「小林製薬が危険ドラッグを名付けるのなら『人生まとめてポイ』」

「いやいや小林製薬ならもうちょっとこうダイレクトな感じじゃないかな。『脳とけ〜る』とか」

「危険ドラッグ!全然ダメだ!無難な一般公募なんかにせずに、小林製薬に決めてもらえばよかったんだ。『ヨダレダラリン』とか『ダメニナール』とかにしてくれたはず」

「小林製薬にネーミング依頼した方が良かったよ…きっと『アタマオカシクナール』とか脱力感たっぷりにしてくれたはず(-.-) 」

など、“もし小林製薬だったら…”と新呼称が次々と投稿されることに。しかし、「待って、小林製薬に危険ドラッグの代わりの名前考えてもらったら大人気になっちゃう!!」というツッコミもあがっている。

ちなみに、警視庁犯罪抑止対策本部のツイッターアカウントは、

「(脱法ドラッグの新名称が『危険ドラッグ』になったそうです。名称を決めるというのは難しいものだなぁと実感しております。色々と…)(甲)」

と投稿している。今後、「危険ドラッグ」という呼称が人々に定着するかどうかは不明だが、新呼称が“ドラッグは危険”だと広めるのに一役買ったことは間違いないだろう。

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20140725-00037226-r25


続きを読む
posted by 波多野辰也 at 05:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。